薄着で夏を迎える季節になってきました。
これからの季節、わきのニオイ、、ワキガで悩んでいる方も多いと思います。
ワキガの正式名称は「腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれていて、現在は病院でも治療が出来ます。

では、実際にニオイの原因や治療方法について調べてみました。

ワキガは汗のニオイから起こるもので、
一般的にワキガ臭と呼ばれるものはアポクリン腺と呼ばれる脇下や外陰部、
耳の中などの限られた場所に分布している汗腺で有機物を含む汗を出します。
ただ、出たばかりの汗は無臭なのですが、
普段人間が持っている皮膚の細菌によって汗に含まれる有機物が分解されてから「ワキガ臭」になります。
汗をかいてから臭いが生じるまでは時差があるということ、その匂いが強い場合にはワキガと呼ばれるという事です。

治療に関しては手術、制汗剤や外用薬(塗り薬)、内服薬などと様々です。
手術治療に関しては整形外科や美容外科で受診になります。
制汗剤や内服薬に関しては皮膚科でも取り扱いがありますが、
一度問い合わせをしてからの方が確実だと思います。

ワキガ対策にはクリアネオ!