常に新商品が生まれている美容クリーム。最近はオールインワンタイプの進化がすさまじいですね。配合されている成分も新しいものがどんどんと開発され、しかも値段もかなり安くなっています。

新商品を見るたびにどれも欲しくなってしまいますが、美容クリームを作っている「水」までは気にしていない人が多いのではまいでしょうか。

さすがに水道水で作っているわけではないでしょうが、配合されている成分が大きくクローズアップされていて、基盤になっている水についての説明はあまり見かけません。

人間の体は70%ほどが水でできています。肌にも水が必要です。そこにしみ込ませる水だからこそ、きちんとした綺麗な水を浸かっている美容クリームを選びたいものです。

いま話題になっているのは沖縄の水。多くの化粧品で沖縄の水が使われています。

その中でも群を抜いて注目されているのが、沖縄の海の水。沖縄のサンゴ礁によって不純物がろ過された濁りが全くない水です。

この水は化石化したサンゴ礁の地層でできた水で、1日に取れる量が決められている希少性がかなり高いものとなっています。

沖縄の海が澄んで綺麗なのはこのサンゴ礁のおかげ。そこに光が反射してあの美しい青い海を見ることができるのです。そんな綺麗な海よりもさらに綺麗なのが「地下古代浸透海水」という水です。

地球上の生命は海から生まれたと言われるくらいで、私達の体も海とは相性がいいのです。地下古代浸透海水には海のミネラルが豊富に含まれていて、私達の体内バランスとほぼ同じだそうです。だから浸透力が高い。普通の水だと皮膚に吸収されなくても、地下古代浸透海水だとスーッと馴染んでいきます。

そんな水に美容成分を足した美容クリームこそ、肌が欲しがっている化粧品なのかもしれません。

先にも書いた通り、1日で取水できる量が決められているため、地下古代浸透海水を使った化粧品はなかなか見つかりません。でも、最近話題になっている美容クリームこそが、まさにその地下古代浸透海水を使った美容クリームなのです。

ちゅらうるクリームの効果

いい化粧品を使っているのに浸透している気がしない、効果が出ない、そんな時はちゅらうるクリームを試してみるといいでしょう。

そもそもの浸透性が違うので、今までとは違った肌感を楽しむことができますよ。