「これだからゆとり世代は。」こんな言葉をよく耳にすることがあります。私自身も使ったことがあるし、そんな言葉を向けられたこともあります。

ゆとり世代を経験している子供は休日が増える時はとても喜び、またゆとり教育が終わって授業時間が元に戻った時には、とても落胆していたこと思い出します。

しかし、ゆとり世代が社会に出てあまり良い評価を受けないのは、ただこのような背景があったからではないと思います。二十歳前後の子が、親世代の大人から「ゆとり」と強調されて注意されるのは、単に子供から大人への成長過程を経ている途中だからではないでしょうか。

私自身も大人になって感じたことは、まず分からないことがわからず大人の社会のルールを知らなかった為でもあると思います。

大人になり、社会年数を重ねていけば自然と分かることもたくさんあります。「ゆとり世代」で育ってきたことが、社会でさまざまな障害を生む事への要因とはならず、社会の中でしか経験できないルールの理解が足りなかった可能性もあります。

http://子供の身長が伸びない.xyz/