メタボリックシンドロームになると動脈硬化が進んでいることがあり、それに自分ではまったく気がつかないこと

がほとんどです。ここでは動脈硬化についてご紹介します。これはメタボリックシンドローム対策のひとつとして重要なものです。中性脂肪が多い人はほぼ全員血液がドロドロしています。なぜなら内臓脂肪が蓄積されることで中性脂肪が増え、善玉コレステロールが少ない状態だと血液の流れが悪くなるからです。メタボリックシンドロームをそのままにしておくと次のような危険性があります。それは血液がドロドロになって動脈硬化が進行することにより、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の原因となることです。動脈硬化が主な原因で一時的に血液が心臓に送られない状態が狭心症です。心筋梗塞というのは心臓に酸素と栄養が行き渡らなくなっておこります。それは血管に血の塊が詰まり(血栓)血液の流れが止まってしまうのが原因ということができます。夜寄るブラ 店舗