肥満は生活習慣の乱れなどが原因になることがよくあり、生活習慣を改善することはやせることにつながったりもします。

親が太っていると子どももどちらかというと太り気味という場合が多いことからもわかることです。肥満体質は遺伝するといわれますが、遺伝によるものは3割で、あとの7割は家庭での好みや食事の取り方による影響が大きいといいます。家族がそろって太りやすい生活習慣をしているということが、その事実を裏付けているのです。やせたい人がまずしなければいけないのは、きちんとした「自己管理」で、早食いやまとめ食い・間食など太りやすい習慣がないかどうかまず反省してみましょう。食事・運動とともに大切なのがこの生活を見直す「行動療法」なのですが、そのためにはまずいつ・どこで・誰と・何を・どのくらい食べたかということを「日記」につけることから始めます。そうすることにより、自分が毎日行っている食生活の問題がわかってくるのです。ビアージュ ナイトブラ