脂肪の塊の一種に脂肪腫というものがあります。すなわち脂肪腫とは、

皮下脂肪や筋肉の間にある脂肪組織が固まって変化したもので、脂肪の塊のできものです。この脂肪の塊、脂肪腫は、それほど珍しい病気でもありませんが、顔にの場合は、おでこにできることがあります。腕や肩、背中などにも脂肪の塊としてできやすいようです。脂肪腫はある程度大きくなるまでは気づかないことが多いようですが、細菌感染するということはあまりなく、普通は痛みなどもないようです。ただこの脂肪の塊、脂肪腫はほとんどが良性ですが、ごくまれに悪性の脂肪肉腫が発生することもあります。そういうわけで、必ず病理検査は必要なのです。治療としては、脂肪腫はほとんどが良性であるため、経過観察だけで手術しないことが多いようです。ただそのままにしておくと、少しずつ大きくなることも、ままあるようです。脂肪の塊がだんだん目立つようになって気になり出したら、やはり手術が勧められるでしょう。モテフィット